借金

私のカードローン体験をお話しします。今年の春に友達と一緒にハワイに行った時の事です。友達はもう何回もハワイに旅行した事がありましたが私にとっては初めてのハワイでした。皆が良いというだけあって本当に楽園みたいな所でした。日本語も通じるし買い物にもまったく不自由しませんでした。そしていい気になって買い物しすぎてお金が足りなくなってしまいました。そこで初めて銀行&消費者金融のカードローンでお金を10万円借りました。カードローンは利子が高いから返済が大変だと聞いた事がありましたが、私が借りた額だとそれほど大変という利子ではありませんでした。とりあえず正社員なので毎月の給料からちゃんと返済すれば問題ないはずです。この様にカードローンは上手く利用すればかなり便利だと思います。友達や親戚の間でお金の貸し借りをする方がトラブルが多いのではないかと思います。それよりもカードーローンでしっかりと利子をつけて返済していく方が気分的には楽です。とりあえずハワイはとても気に入ったのでまたそのうち行ってみたいです。

弁護士などを通じてサラ金と債務整理に関する和解が完了すると、弁護士から和解書が送付されてきます。この書類には、債務整理を依頼した債務者とサラ金業者がこういう条件で債務整理の和解を行ったということが書かれています。即日審査はサラ金であります。家族と同居していて、サラ金業者と債務整理の和解を知られたくないと弁護士に言った場合、書類は弁護士から送られたものとはわからないような形で送られてきます。弁護士と書かれた差出人で送られた場合、同居している家族がそれを見て怪しんでしまうからです。なので、弁護士の個人名のみが差出人となって送られてくることが多いので、依頼した弁護士の名前はちゃんと覚えておいて、ダイレクトメールの類と間違えて捨てないようにしましょう。記載された返済口座をメモしておけば、和解書は何度も見たり、使ったりするものではないので、しまっておいても大丈夫です。ただ、紛失してしまったら困るものなので、わかりやすい場所にしまっておくといいでしょう。

 

お金を借りる時の申し込みで落ちてしまうケース

お金を借りる時に審査に落ちてしまうのは、個人信用情報に何らかの問題を持つ人です。
個人信用情報には借金をしている場合の記録などが掲載されていますし、消費者金融に何社申し込みをしているのかも解るようになっています。
消費者金融は比較的かり易い業種だと言われていますが、個人信用情報に問題が生じている場合、申し込みをしても断れてしまう事も在ります。
申し込みをした時に断れるケースは、個人信用情報の中に特定の情報が記録されている場合です。
他社からの借入が在る場合でも、融資を受ける事が出来る場合も在りますが、借入件数が多い場合などでは債権の回収に手間がかかることからも落とされてしまう事もあります。
また、消費者金融は総量規制の対象となるので、他社借入額が大きいと断れてしまう事もありますし、借入数が多い場合も同じです。
尚、個人信用情報には申し込み時の照会数も記録されているので、自社に来る前に何社に対して申し込みをしていたのかと言う事も解るようになっています。⇒即日融資キャッシング
短い間に多数の申し込みが有れば注意人物だと判断されてしまうわけです。
その他にもブラックリストに掲載されている場合は勿論の事、返済をしている時に度々遅延をしている場合など、断れてしまうケースも在ります。

続きを読む≫ 2014/05/19 11:33:19 借入・返済

会社を設立するときには、その事業を行うための法律について知ることが必要です。法律に違反して営業をすることはできないわけですから、これらの法律をきちんと把握しておくことが必要です。消費者金融の場合にはどのよな法律があるのかというと、貸金業法という法律と利息制限法という法律の二つが主な物となってきます。消費者金融で貸付を行って利益を得て行こうと思ったときには、まず貸金業者としての登録をする事が必要となります。登録をせずに貸付を行えば違法な貸付となりますから、まず登録が必要となります。そして、貸金業法の法律の規制を守りながら経営を続けていくことが必要となってくるのです。総量規制外の消費者金融では貸付を行っていくことが必要となってくるのですが、この貸付のときの利率には制限があります。この制限をしているのが利息制限法という法律で、これによって消費者金融の上限金利が定められています。消費者金融を設立するときにはこの法律についても把握しておく必要があるでしょう。

続きを読む≫ 2014/03/29 07:45:29 借入・返済